保険会社の判断

人間の保険に比べて、まだまだペット保険そのものの知名度が低く、どの会社やどの保険が優良なのか、この先どうなっていくのかという判断には難しいものがあります。
インターネットで検索すると、たくさんの会社ができますが、その事業内容が健全かどうかを正しく見極めなくてはなりません。

ではどうやって判断すればいいか、そのポイントを挙げておきましょう。


・ホームページの充実度
最近の資料取得の傾向として、ホームページ検索は一般的な方法になりつつあります。
問い合わせて資料を送ってもらったあとの勧誘や、個人情報の流出なども心配ですし、思ったときに調べてすぐ見られるホームページの手軽さが、なにより勝っていると思います。
ホームページを持っている保険会社なら、必ず資料請求フォームやフリーダイヤルが記載されているので、実際のパンフレットを請求することができます。
煩わしさがなく検討しようと思えば、約款までホームページ上で見れると便利ですよね。私が調べたところ、3〜4社は、約款がホームページ上で確認できました。また、インターネットから直接申し込みのできる会社もあります。

・事業の許可
その保険会社が、保険業としての事業許可をいつ受けたかということをみておきましょう。ホームページでは、「会社概要」として、名称や所在地とともに、事業履歴が書いてあることが多いものです。決まりがあるわけではないらしく、書いていない所もありますが…。新規参入事業だけに、母体企業は、動物と何ら関係のない会社だったりして驚くこともあります。他の条件とも合わせ、事業開始からある程度の年月がたっているということは、安定の判断材料になります。

・勧誘方針
保険商品を販売するためには、金融庁による「金融商品の販売等に関する法律」(金融庁http://www.fsa.go.jp/policy/kinyusyohin/index.html)に沿っていなければなりません。
必ずホームページのどこかに、「勧誘方針」が記載されていることを確認しましょう。

・個人情報の保護
勧誘方針とともに、個人情報保護法による法令の取り組みについての考え方も記載しなければなりません。ペット用の保険とはいえ、個人情報提供するのは飼い主(人間)なので、保険会社との信頼関係のためにも、こういう基本的な法令が遵守されているということが重要なポイントです。

関連エントリー

@

 
Copyright (C) ペット保険のオススメ比較ランキング. All rights reserved