猫の混合ワクチン

猫にも、任意で受ける予防接種(注射)があります
ペット保険に加入する場合には、受けておかなければなりません。

複数の感染症予防するために、一度に混合して接種(注射)してしまいます。

猫の混合ワクチンは、「3種」が基本です。

通常、混合ワクチンは生後2ヶ月以内に1回接種し、約3週間後にもう一度追加接種します。
その後は年1回の接種でOK。

ワクチンの種類(予防しておきたい病気)には次のようなものがあります。

<猫の3種混合ワクチン>

・猫ウイルス性鼻器官炎(FVR)
ヘルペスウイルスによる感染症。高熱、食欲不振、鼻水など人間の風邪による症状がみられる。呼吸器障害のほか、結膜炎も起こすこともある。

・猫カリシウイルス感染症
ウイルス性の感染症。ウイルス性鼻器官炎に症状はよく似ている。症状が進むと、口の中や周辺に潰瘍ができることがある。急性肺炎を引き起こして死に至る危険性がある病気。

・猫汎用白血球減少症
パルボウイルスが病原体。白血球が極端に少なくなる。高熱、嘔吐、食欲、下痢が主な症状。体力がない幼猫が感染すると、1日死に至ることもある。

<追加ワクチン>

・猫白血病ウイルス感染症
白血病ウイルスによる。感染しても症状が出るまでは、健康に見えるが、無症状でもウイルスを排泄し、他の個体に移している危険性がある。感染すると、80%が3年以内に発症し死亡する。
体重減少、発熱、鼻水、下痢など風邪のような症状が一般的で、免疫力が弱まるために、他の病気を併発することが多い。白血病、リンパ腫、貧血、流産などを起こしやすい。

関連エントリー


 
Copyright (C) ペット保険のオススメ比較ランキング. All rights reserved