フェレットの混合ワクチン

犬、猫に続き、ペットとしての人気が高まっているフェレットですが、犬のウイルスに感染しやすいため、犬用の3種混合ワクチンを接種することが勧められています。
フェレットの場合、生後2ヶ月ぐらいで1回、生後3ヶ月ぐらいでもう1回受けた後は、年に1回の接種で大丈夫です。
犬用の3種混合ワクチンとは、次の3種類です。

・犬ジステンパ−
・犬伝染性肝炎
・犬アデノウイルス(2型)感染症

関連エントリー


 
Copyright (C) ペット保険のオススメ比較ランキング. All rights reserved